ひび割れや目地切れなどは、
特に雨漏りの危険性があるので、
注意です。
そのままにしていると・・・・・

壁が腐食しています。

壁を剥がすと下地の木部も腐ってます。

もっと酷くなると、腐りから、シロアリ被害にまで進み、もうボロボロです。

塗装の剥がれた所から、腐食が進行。

塗り替え時期の目安



チョーキング (白亜化)


モルタル・サイディングの壁に手のひらを上から下にスーッとなでてみると手に塗料が付着し真っ白になります。
色あせが発生すると、防水能力が低下し、塗膜の劣化が進行してチョーキングに至ります。
放って置くと素材(モルタル・サイディング)が水分を含む放って置くと素材(モルタル・サイディング)が水分を含むようになります。
内部の構造が木造であれば特に土台部分は水はけが悪いために腐っていきます。
又、下地である間柱や胴縁なども水分を含むことにより膨張・収縮を繰り返しサイディングやモルタルの形状を変えていくことになります。
その症状がモルタルの亀裂や、サイディングのコーキングの亀裂になっていきます。
その繰り返しにより雨水等が内部に侵入することになり雨漏りのひとつの原因になります


目地切れ


サイディングをつなぎ合わせているコーキングが切れてしまい隙間ができてしまいます。
ここから建物内部に雨水が浸入してきます。
雨水が浸入した場合、窯業系サイディングはボロボロに風化する可能性があります。


剥がれ


これが塗装の剥がれで、外壁自体(下地)が露出しています。
塗装という保護膜がないため、太陽の紫外線や酸性雨などに直接攻撃をうけてしまい
建物自身の寿命を縮めています。
手入れを怠ると塗装の機能を失ない、保護していた材料が露出して酸化が始まる


ひび割れ



外壁のひび割れは外壁のあらゆる箇所に生じることがあります、とくに地盤沈下によりコンクリート基礎にクラックが入り
やがて外壁に達する場合や外壁開放箇所の窓、ガラリの四隅に生じることがあります。
傷んだ箇所は放っておくと内部に水が入り、建物構造材が腐食してきますので早めの補修をお勧めします。